Harlequinade@David H. Koch Theater

NYCB秋シーズン、Harlequinadeを鑑賞しにDavid H. Koch Theaterへ。
Harlequinade8

コロンビーヌとアルルカン(くるみ割り人形1幕にも人形として登場)の物語。
アルレキナーダは、よくコンクールで踊られるので
全幕で観てみたかったのでした。

Music by: Riccardo Drigo
Choreography by: George Balanchine

COLOMBINE: Tiler Peck
HARLEQUIN: Joaquin De Luz
PIERETTE: Erica Pereira
PIERROT: Daniel Ulbricht
LA BONNE FÉE: Emilie Gerrity
ALOUETTE: Lauren King
CASSANDRA: David Prottas
LÉANDRE: Robert La Fosse


1900年エルミタージュ劇場で初演。プティパ振付、音楽はリカルド・ドリゴ
NYCB初演は1965年でバランシン振付、全2幕。

娘コロンビーヌを恋人アルルカンよりも
金持ちレアンドルと結婚させたいコロンビーヌの父カサンドル
(ドンキやリーズの結婚みたい?)
カサンドル従僕ピエロとピエロの妻ピエレットを巻き込むコメディ。
善の精により、恋人たちは結婚してハッピーエンド

1幕、カサンドルの屋敷前。カサンドルがピエロに家の鍵を渡した後
ピエレット役Erica Pereiraの愛らしい踊り。
コールドの衣装がカラフルで目が覚める。鈴付きなのか音もするし。
Harlequinade2

コロンビーヌとアルルカンがラブラブなPdd
アルルカンの友人カップル4組の踊り。友人にしては黒いシックな衣装だけど。
コロンビーヌ役タイラーは、テクニックもあって可愛くて適役。
2人で仲良くしてるところを父に見つかり、アルルカンは父の従者に
窓から投げ落とされて、バラバラに。。。
落とされる前から人形だったのが笑える。
巡回中の兵士達?のフラフラ踊りもユーモラス。
善良な妖精がアルルカンを生き返らせて、何でも願いが叶う杖を与える。
Harlequinade3
アルルカン役ホアキンも39歳 と言う年齢を感じさせない踊りで
キレキレでした~

アルルカンは、善良な妖精から金貨もザクザク与えられて
結婚を反対していた父カサンドルも態度を豹変。レアンドルの立場ナシ?
コロンビーヌとめでたく結ばれる
1幕はコメディ全開で、お笑い要素がタップリ。

2幕は結婚式で、ディベルティスマン。
付属バレエ学校School of American Balletの生徒達も、大勢登場。
大人ダンサー達と同じ衣装が、ミニチュアっぽくてかわいい♪
Harlequinade1

ピエロとピエレットのPDDで、やっとダニエル・ウルブリクトの見せ場。
(1幕ピエロは、マイムが多かったので)
メイクで顔が真っ白で、誰だかわかりにくいのが残念だけど。。。
Harlequinade4

黄色いチュチュの女性陣は、鳥なのかな。
鶏冠のような髪飾りだし、ポワントまで黄色だ。
子役達が真ん中でクルクル回してたのは、噴水?

コロンビーヌとアルルカンのPDDは、アダージョでしっとりと。
プティパが基になってるので、そんなカンジの振付。
結婚式なのに?コロンビーヌはなぜかブルーな衣装に変わってる。
ヴァリエーションでそれぞれ魅せてくれて
コーダで盛り上がって、めでたしめでたし~
Harlequinade5
ストーリーはアレだけど、主役の踊りは見応えあり。
キャストがお気に入りのダンサー達だったので、楽しめました☆
Harlequinade6

Harlequinade7

インターミッション挟んで、2つ目の演目
N.Y. Export: Opus Jazz
Opus Jazz

Music by: Robert Prince
Choreography by: Jerome Robbins

Georgina Pazcoguin, Justin Peck, Ashley Laracey, Craig Hall

1958年初演、ロビンス振付。新しさは感じなかったけど
ミュージカルっぽい雰囲気で、カッコいい。
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する