Cavalleria Rusticana / Pagliacci

4/25上演されたCavalleria Rusticana / Pagliacciを、PBSで視聴。
Cavalleria Rusticana3

デイヴィッド・マクヴィカーの新演出・マルチェロ・アルヴァレスの
カヴァレリア・ルスティカーナ&道化師の2本立て。
どちらも不倫と殺しがテーマで、南イタリアが舞台のドロ沼恋愛劇。

Cavalleria Rusticana1
ジョヴァンニ・ヴェルガの小説「カヴァレリア・ルスティカーナ」を基に
マスカーニが26歳で完成させた1幕オペラ。
時代設定を1900年復活祭に。
居酒屋の息子トゥリッドゥは兵役中、恋人ローラを資産家アルフィオに奪われてしまう。
トゥリッドゥは村娘サントゥッツァと親しくなるが、人妻ローラが再びトゥリッドゥに接近。
サントゥッツァが怒り、ローラの夫アルフィオに暴露し決闘になり。。。

Santuzza: Eva-Maria Westbroek
Turiddu: Marcelo Álvarez
Alfio: George Gagnidze
Lola: Ginger Costa-Jackson
Mamma Lucia: Jane Bunnell


Cavalleria Rusticana2
映画「The Godfather Part III」で使われたことでも有名ですね。
サントゥッツァ役ウェストブルックは好みではないけど、熱演。
アルバレスは、複雑な心理描写を表現。


Pagliacci1
「道化師」 と言えば、大ちゃんのFPを思い出す(スケオタだけ?)
ジェフもSPで使ってたけど、ジャンプのタイミングが合わなかったのか
完成に至らず1シーズン前のプログラムに戻して、エキシにした。
ヴォロノフも使ってたし、男子シングル定番曲?
The Godfather Part III同様、映画「The Untouchables」では「道化師」観劇中に暗殺される。
マフィア映画にオペラは、お約束?

1940年代後半、シチリアの村にやって来た旅回り一座。
花形女優ネッダは嫉妬深い年の離れた夫カニオがイヤになり、シルヴィオと恋仲に。
ひそかにネッダを横恋慕する座員トニオも嫉妬する。
妻の不貞を知った座長カニオは、愛憎が剥き出しになり
観客を巻き込んだ劇中劇で、芝居と現実との区別がつかなくなり。。。
Pagliacci4

Nedda: Patricia Racette
Canio: Marcelo Álvarez
Tonio: George Gagnidze
Silvio: Lucas Meachem


ネッダを演じたラセットが魅力的。
ダブルビルで主役は超ハードそう~アルバレスはパリアッチョの方がハマッてた。
Pagliacci2

ガグニーゼも、アルフィオ役(ジェリコ・ルチッチ降板による代役)とトニオの2役を好演。
Pagliacci3

2作のコントラストが、わかりやすかった。
レオンカヴァッロのドラマチックな音楽、カラフルな舞台
ルイージの指揮も、道化師の方が好みでした。
関連記事

テーマ : 音楽 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する