ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞

神戸市立博物館で、ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞(8/28まで)を鑑賞。
読売新聞に頼んだら、招待券をくれた♪
Ukiyoe1

幕末の錦絵黄金時代を築いた人気絵師
歌川国芳(1797~1861)と歌川国貞(1786~1864)による名作170件(350枚)を公開。
国芳が描く任侠の世界に憧れた江戸の「俺たち」と
国貞が描く歌舞伎役者に思いを寄せた「わたし」 となった展覧会名。

Ukiyoe2

当時の娯楽・歌舞伎の演目になぞらえた二幕13章で構成されています。
初代・歌川豊国門下の兄弟弟子でありながら、対照的な作風で
豪快な武者絵と大胆な構図の国芳
粋な美人画や緻密な表現の国貞
同じテーマで比較展示されていたり
添えられているキャッチコピー?も面白い。

Ukiyoe5
歌川国貞 1860年
「蛍狩当風俗」部分
三代目澤村田之助

Ukiyoe4
歌川国芳 1845年頃
「国芳もやう正札附現金男 野晒悟助」

この特別展は、写真撮影OKで SNSにアップもOK
(フラッシュ、三脚、自撮り棒は禁止)

午前中に行ったせいか、すいていたので2時間かけてじっくり鑑賞。
保存状態がよくて、当時人気のあった歌舞伎役者が
色鮮やかに生き生きと描かれていて
歌舞伎が見たくなった~
ボストン美術館から一度貸し出された作品は、5年間お蔵入りになるそうなので
貴重な機会でした。神戸の次は、名古屋に巡回。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する