ダリ展@京都市美術館

先月に続いて、再び京都市美術館へ。 
Dali4

Dali10

招待券を戴いたので、ダリ展を鑑賞。(9/4まで)
Dali8
素早く動いている静物 1956年頃

スペインのガラ=サルバドール・ダリ財団と国立ソフィア王妃芸術センター
フロリダのサルバドール・ダリ美術館から約200点の展示。

1904年フィゲーラスで生まれたダリは
1922年、マドリードのサン・フェルナンド王立美術アカデミーに入学し
学生寮で、後に映画監督となるルイス・ブニュエルと出会う。
1928年ブニュエルと共同制作した映画『アンダルシアの犬』全編も観られます。
8年前MoMAの特別展でも観たけど、何度見ても奇想天外。

美術アカデミー時代には、印象派やキュビスムの影響を受け
1927年パリに渡り、ピカソやシュルレアリスムの中心人物アンドレ・ブルトンや
ポール・エリュアールと出会う。
エリュアールの妻だったガラと恋に落ちたダリは、略奪婚。
と言うか、ガラが若い芸術家を好きだったようで。(ガラはダリの10歳年上)
第二次世界大戦中は戦禍を避けてアメリカに移住し、映画や舞台芸術などに携わり
1948年スペインに帰国。

メイ・ウエストの部屋のみ撮影可能
Dali5

Dali1

1974年に開館したダリ劇場美術館の展示室の一室を再現したもの。

Dali7

年代別に展示されているので、画風の変遷が見られて面白い。
妻ガラが描かれた作品や、広島と長崎の原爆に影響を受けた作品
素描や彫刻、ジュエリーなど多岐にわたっていて見応えあり。
グッズ売り場も面白い。

13557766_1199366800098028_4971561068840914175_n (450x318)
ダリ&そっくりの?ルー大柴

京都の後は、東京に巡回。
関連記事

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する