日本民家集落博物館①

服部緑地の近くで用事があったついでに
日本民家集落博物館に行ってみた。
Old Japanese Farm Houses

河内布施の塩川家の長屋門 
Nagayamon2
庄屋の門。右側は使用人の部屋でした。

堂島の米蔵
Komegura
江戸時代、堂島川沿いに大名の米蔵が立ち並んでいた。

日向椎葉の民家(旧椎葉家住宅)
HyugaShiiba1
平家落人伝説で有名な宮崎県東臼杵郡椎葉村から移築

HyugaShiiba2
手前にあるのは牛小屋
HyugaShiiba4


HyugaShiiba3
急な山の斜面に建てられるため、竿家造りと呼ばれる併列間取りで
部屋が横一列に並んだ細長いつくり。縁側に広く開口部を設けています。

HyugaShiiba5
ウチネ(茶の間)、デイ(下座敷)には囲炉裏があり
一番奥は、コザ(上座敷)
HyugaShiiba6

HyugaShiiba7


信濃秋山の民家(旧山田家住宅) 18世紀中頃の建築
ShinanoAkiyama7
新潟との県境、長野県秋山地方から移築。豪雪地帯なので、屋根も壁も茅ぶき。
厩も家の中にあり、牛が飼われていました。
ShinanoAkiyama1
入口が前に張り出した中門造り

ShinanoAkiyama2

内部は広間型の間取りで、建具類がほとんどない。
ShinanoAkiyama6
左奥ねま(寝室)、右奥でい(座敷)

床は張らず、土間に茅を広げその上にムシロを敷いた土座住まい。
囲炉裏が掘られていて、冬は一日中薪を燃やして部屋を暖めていました。
ShinanoAkiyama5
なかのま(居間)

大和十津川の民家(旧丸田家住宅)
Totsukawa2
奈良県吉野郡十津川村から移築。谷に面しているため、横に長い間取り。

Totsukawa7
屋根は、吉野杉を使ったソギ葺き。
軒下にはウチオロシと呼ばれる板張りが取り付けられ、風雨から保護しています。

Totsukawa5
右勝手の平入り、中に入ると炊事場になる土間があり
その左にかって、なかのま、おくのま と続く。
Totsukawa6
かって

なかのま(居間)
Totsukawa3

Totsukawa4
おくのま(客間) 

Totsukawa1
母屋の横には、蔵があります。
関連記事

テーマ : 大阪 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する