Sarasota Ballet@Joyce Theater

サラソタ・バレエを鑑賞しに、ジョイスシアターへ。
Sarasota6

Sarasota4

芸監Iain Webさんが、もとロイヤルのダンサーだったらしく
オールアシュトンプログラム。

Valses Nobles et Sentimentales
Choreography: Sir Frederick Ashton
Music: Maurice Ravel
Sarasota7

Principal Couple: Daniella Brown and Ricardo Gaziano
Couples: Mirella Costa Neto, Sareen Tchekmedyian, Anais Blake, Christine Windsor
Jamie Carter, Logan Learned, Daniel Rodriguez, Alex Harrison 

1947年初演作品。バランシン振付La Valseと同じ音楽なので、そんなカンジ。
バランシンの方が後(1951年)に振付してるけど。

Tweedledum and Tweedledee
Choreography: Sir Frederick Ashton
Music: Percy Grainger
Sarasota2

Alex Harrison, Logan Learned, Samantha Benoit

1977年初演。「トゥイードルダムとトゥイードルディー」は「鏡の国のアリス」第4章に出てくる
イギリスの童謡。アシュトンらしいユーモアがあって、かわいらしい作品。

The Walk to the Paradise Garden
Choreography: Sir Frederick Ashton
Music: Frederick Delius
Sarasota8

Ricardo Graziano, Danielle Brown, Jacob Hughes

1972年初演で、A Month in the Countryと同じ頃の作品。
最初の演目でリードペアだった2人、このカンパニーの主力ダンサーのよう。
アクロバティックなリフトが特徴で、マクミランっぽい?

Jazz Calender/Friday's Child
Choreography: Sir Frederick Ashton
Music: Sir Richard Rodney Benett
Sarasota3
Ellen Overstreet and Edward Conzalez

1968年初演で、オリジナルキャストはAntoinette Sibley& Rudolf Nureyev
ブルースにのせたPDDで、この女性ダンサーが一番好みだったかも。

Sinfonietta/2nd Movement
Choreography: Sir Frederick Ashton
Music: Sir Malcolm Williamson CBE
Sarasota1

Victoria Hulland and Ricardo Rhodes with
David Tlaiye, Jamie Carter, Daniel Rodriguez, Daniel Pratt

1967年初演。衣装と言い振付と言いMonotones I and IIみたいで
Monotones IIIってカンジ? Friday's Childもそうだけど
当時のアシュトンは、全身タイツ衣装がお気に入り?

Façade
Choreography: Sir Frederick Ashton
Music: William Walton
Sarasota5

Scotch Rhapsody: Ryoko Sadoshima, Nicole Padella, Alex Harrison
Swiss Jodelling Song-Mildmaid and Boys: Kate Honea with Daniel Rodriguea, Kyle Hiyoshi and Daniel Pratt
Polka: Victoria Hulland
Foxtrot: Kristianne Kleine, Jamie Carter, Sareen Tchekmedyian, Jacob Hughes
Valse: Amy Wood, Elledn Overstreet, Christine Windsor, Elizabeth Sykes
Popular Song: Sam O'Brien, Patrick Ward
Tango-Pasodoble: Danielle Brown, David Tlaiye
Finale: All Cast

1931年初演。イーディス・シットウェルの詩「ファサード」を基に
ウィリアム・ウォルトンが作曲し、後にバレエ作品に。
ディベルティスマンで、明るくてアシュトンっぽい楽しさ。
古い時代を感じさせる振付もあったけど、観たことない作品ばかりで良い機会でした。
今でもロイヤルで上演されてる作品もあるのかな。
ラトマンスキー夫妻が観にきてたけど、現代の振付家はどのように感じるんだろう?
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する