Ardani 25 Dance Gala

Ardani 25 Dance Galaを鑑賞しにCity Centerへ。
Ardani Gala8
ポスターになってる看板スター☆ヴィシニョーワが、怪我で降板(涙)

Ardani Gala1

Clay
Music by Darius Milhaud
Choreography by Vladimir Varnava

Performed by
Victoria Brileva, Zlata Yalinich, Yulia Kobzar, Maxim Zyuzin, Alexey Nedviga, Yury Smekalov
Ardani Gala11
Photo by Michael Khoury

Ardani Gala10
Photo by Andrea Mohin

2015年A Creative Workshop of Young Choreographersで初演。
1988年生まれウラジーミル・ヴァルナヴァ振付。
ザハーロワ&レーピン日本公演でも、彼の作品が踊られてたそうで。
しいて言えば、3作品の中ではコレが一番良かったかな。
2月にも観たジュージン、髪型が。。。
久しぶりに見られるスメカロフがお目当てだったのに、おなか出てた?

Tristesse
Music by Frederic Chopin (Etudes)
Choreography by Marcelo Gomes

Performed by
Marcelo Gomes, Joaquin de Luz, Friedemann Vogel, Denis Matvienko
Ardani Gala2
Photo by Dave Morgan

Ardani Gala4
Photo by Michael Khoury

ゴメス振付作品。エリュアールの詩À peine défigurée
(詩集La vie immediate 直接の生命1932年)に
インスパイアーされたとか。
エリュアール と言えば、妻を略奪したダリを思い出す。。。
サガンの「悲しみよこんにちはBonjour Tristesse」の最初のページにもありましたね。
男性4人の友情と別れの物語?
音楽はショパンのエチュードOP.10やOP.25などから抜粋。
ソロパートは、エチュードOp.25-2(デ・ルース)、Op.64-1 仔犬のワルツ(フォーゲル)
エチュードOp.10-12 革命(マトヴィエンコ)、エチュードOp.25-4(ゴメス) 
と休みなく弾くピアニストが大変~(ダンサーは休めるけど)
2人で踊ったり、4人で踊ったりコミカルで楽しい雰囲気もあったけど
お互いの個性がぶつかり合い、ホロ苦いラストでタイトル通りに。
ゴメスはクラシック曲をよく使うけど、前衛的な曲で見てみたいかも。
Ardani Gala6

Le Divertissement du Roi
Music by Jean-Philippe Rameau
Bogdan Koloryok’s scene plan
Choreography by Maxim Petrov

Performed by
The King; Philipp Stepin
Master of Ceremonies; Soslan Kulaev
Ensemble: Vasily Tkachenko, Denis Zainetdinov, Yevgeny Konovalov, Alexander Saveliev
Ardani Gala9
Photo by N.Razina

Ardani Gala7
Photo by Michael Khoury

マキシム・ペトロフ振付 「王のディヴェルティスマン」
どっかで観た と思ったら昨年6月
Knights of dance: Igor Kolb, Danila Korsuntsev, Yevgeny Ivanchenko
ネット中継された時に、イーゴリ・コールプがKing役で踊ってたヤツだった。
太陽王と呼ばれ、バレエを奨励したルイ14世の宮廷舞踊。
式典長役クラーエフのフランス語、Playbillに英語訳が挟んであったけど
舞台に英語字幕出せば、もっとわかりやすかったのに。

カリフォルニアで休暇中だったのに、怪我したディアナの代わりに
急遽呼ばれて代役で踊ったスチョーピン、お疲れさまでした~
Ardani Gala5
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する