映画「ホライズン」

日本で観る4本目のドキュメンタリー映画「ホライズン
2本立てを観た時、TCGメンバーになったら
無料券を貰ったので、この映画をチョイス。
horizontes

伝説のプリマ、アリシア・アロンソとキューバ国立バレエをを描いたドキュメンタリー。
ABTで活躍していた頃も、もちろん観たことはありませんが
1948年キューバに戻り、バレエ団を設立。
90歳を過ぎて、視力をほとんど失ってしまった今も
芸術監督として指導を続けて、後進を育成。

国立バレエ学校で学ぶ14歳のアマンダは、入団を夢見て
日々レッスンに励む。娘のためにハバナ旧市街に引っ越す両親。
いつか彼女を舞台で見られる日がくればいいな。
プリンシパルの一人、ヴィエングゼイ・ヴァルデス
YAGPガラで観たことを思い出す。
彼女は世界に飛び出さず、祖国のために踊るよう。
2011年キューバ国立バレエNY公演は、見逃してるけど
来年5/29-6/3DC公演が決まっているので
もしかしたら、NYにも来るかもしれない?
関連記事

テーマ : ドキュメンタリー映画 - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する