FC2ブログ

Tchaikovsky. PRO et CONTRA (Eifman Ballet)

エイフマンバレエ2週目の演目は、Tchaikovsky
チャイコフスキーの生涯を描いた作品で、1993年初演ですが
2016年に改訂されたよう。
もちろん音楽は全てチィコフスキー
1幕は、バレエ「白鳥の湖」「くるみ割り人形」
2幕はオペラ「オネーギン」「スペードの女王」をモチーフに舞台展開するも
それらの音楽は一切使わず
交響曲5番と6番、イタリア奇想曲や弦楽セレナーデなどを使用。

Tchaikovsly: Dmitry Fisher
Tchaikovsly's Double: Dmitry Krylov
Tchaikovsly's wife: Daria Reznik
Nedezhda von Meck: Lilia Lishchuk


1幕、寝室。交響曲第5番1楽章
白いガウンをはおったチャイコフスキーは病に苦しむ。
死の直前?悪夢を見ているのか?暴れ回るカラボス。
チャイコフスキーの分身が現れて、二人で踊る。
Tchaikovsky1

のちに妻となるアントニーナは、チャイコフスキーの理解者ではなかったので
孤独なチャイコフスキーは、悩み苦しむ。
(同性愛者であったチャイコフスキーは結婚したくなかった)

回想シーンになり、傘を手にした男女の群舞
Tchaikovsky18

紫のドレスの女性の姿は、チャイコフスキーの支援者
鉄道富豪フォン・メック未亡人。
交響曲第4番は、彼女に捧げた曲 と言われています。
Tchaikovsky7
チャイコフスキーの芸術を理解し、資金を援助し続けましたが
一度も実際には会わなかったそう。
そのせいか、顔を会わせない振付。
背中合わせに踊って、2人が見つめ合うことはない。

その後、ピンクのドレスの女性
チャイコフスキーの妻となるアントニーナ・ミリュコワが現れて
取り巻きの男たちと踊る。
Tchaikovsky14
アントニーナと出会ったチャイコフスキーは、終始彼女に翻弄される。

悪の化身ロットバルト(チャイコフスキーの分身)が強迫観念となって現れて
チャイコ フスキーをいたぶる。
Tchaikovsky3

男性群舞の黒鳥達とダイナミックに踊るチャイコフスキー。
ジャンプの連続がカッコいい。
Tchaikovsky10

女性群舞の白鳥が現れて、静謐な世界に。
チャイコフスキーの創作イメージのようで、作曲中?
アントニーナが白鳥の群れの中を押し入って来てPdd
Tchaikovsky2

場面変って、くるみ割り人形のネズミが現れる。
Tchaikovsky4

ロッドバルトだった分身が、ドロッセルマイヤーになって登場。
Tchaikovsky13
ネズミに囲まれたマーシャを王子が救う。
「くるみ割り人形」を作曲中のよう。
Tchaikovsky5
ロットバルトもドロッセルマイヤーも、もう一人の自分で
二面性に悩むチャイコフスキーの心理を表現しているよう。

フォン・メック夫人に指揮棒を渡されたチャイコフスキー
再びタクトを取る。
Tchaikovsky17

上半身裸に黒いロングスカートの男性群舞が踊り出す。
Tchaikovsky12

パステルカラーのドレスの女性群舞とチャイコフスキー。
Tchaikovsky11

アントニーナが現れ、チャイコフスキーは彼女の言いなりに。
それをもう一人の自分が見ている。
二人のチャイコフスキーとアントニーナとのパトトロワに。
よく出来た演出です。
Tchaikovsky15

葛藤に苦しむチャイコフスキーを表現。
Tchaikovsky6

場面は舞踏会となり
フォン・メック夫人のダイナミックなソロ
仕事が認められたチャイコフスキーは、皆から喝采される。
Tchaikovsky8
チャイコフスキーは名声を得る。喜ぶアントニーナとのPDD
人々に囲まれて、アントニーナと結婚するチャイコフスキー。
嬉しそうなアントニーナは、チャイコフスキーをベールで繋ぐ(束縛?)
逃げようとするチャイコフスキーの悲痛な表情・・・
のちに、自殺未遂するほど精神的に追い込まれるのが見てとれるよう。
第五番4楽章で、1幕終了。
Tchaikovsky9

2幕、弦楽セレナーデ2楽章で始まる。
チャイコフスキーと手紙のやり取りをするフォン・メック夫人。
手紙 と言えば、「オネーギン」ですね。上手く繋げた演出です。
チャイコフスキーの分身オネーギンとタチアナが踊る。
Tchaikovsky21

チャイコフスキーが読んでいる手紙を分身オネーギンが破り去る。
(タチアナの手紙を破るオネーギンを連想させる)
レンスキーやオルガ、公爵夫人となったタチアナも登場して
オペラのストーリーを思い出させる展開。

曲が完成したようで、フォン・メリック夫人がチャイコフスキーに札束を投げかける。
カムフラージュ結婚のため、男と情事を重ねる妻アントニーナ。
チャイコフスキーは妻にお金を与えて別れたいが
離婚に応じてくれず。
妻がほしいのはお金ではない。

お金(ギャンブル)に取りつかれた「スペードの女王」
カード賭博の場面になる。
チャイコフスキーの分身は、もちろんゲルマン。
狂乱するゲルマンとチャイコフスキーを重ねる手法も見事。
Tchaikovsky20
フォンメック夫人は、ゲルマンに殺される伯爵夫人になって踊る。
(幽霊になった伯爵夫人の呪いでゲルマンは破滅する)

Tchaikovsky21
テーブルを囲む男たちの衣裳がトランプになり
円卓の上に上がって、踊り始める。
このシーンはボレロのようで、カッコいい!
やっぱエイフマンは、男性群舞が迫力あって
ここはハイライト☆音楽はイタリア協奏曲
Tchaikovsky22

冒頭場面に戻り、チャイコフスキー最後の曲である第6番「悲愴」第4楽章に。
病衣のチャイコフスキーが踊って、白鳥の幻影が現れる。
妻アントニーナとの壮絶なPdd、最後までチャイコフスキーを苦しめる。
分身とのPdd、分身が消えるとチャイコフスキーも死を迎える。
Tchaikovsky23

チャイコフスキーの内面の世界を、彼の作品と楽曲を使って見事に表現。
最初から最後まで苦悩してるので、重苦しいけど
次々と場面が変って、あっと言う間。
チャイコフスキーの影である分身が、衣装とキャラを変えて登場するのも
よく考えられた演出だし
どれも名曲ですね
Tchaikovsky24

Tchaikovsky25
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する