FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Firebird & Afterite

ABT2週目は、火の鳥&春の祭典でストラヴィンスキー・ミックスプロ。

Firebird

ラトマンスキー振付「火の鳥」は、2012年初演。
オリジナルのフォーキン版とは全く違って、現代風。
47分の1幕バレエ。

Firebird
初演の火の鳥役オシポワ

Choreography by Alexei Ratmansky
Music by Igor Stravinsky
Firebird: Christine Shevchenko
Ivan: Thomas Forster
Maiden: Catherine Hurlin
Kaschei: Duncan Lyle


テンペスト金鶏みたいなのか と勝手に予想してたら
踊りが満載で、意外と面白かった。
コミカルでエンターテイメント風味。

カスチェイの森に迷いこんだイワン役
トーマス・フォスターの衣装が、王子 と言うよりもエルビス・プレスリー?
鳥っぽい動きの群舞。
火の鳥役クリスティンはエクステンション
スピード、エネルギーがある踊りだけど
ジムナスティックなカンジ。
ま、ラトマンスキーの振付だし
あの衣装だと、そう見えちゃう。
memorableな振付は、なかったかなぁ。
火の鳥とイワンのPddでは
パートナーシップが今イチ合ってなさそうだった。
お約束の羽根(大きめ)を渡して去る。

スモークと共に、カスチェイの魔法にかけられた13人の王女が現れる。
キャサリン・ハーリン演じるその中のひとりに
イワンは恋する。
王女たちが、黄金の果実で戯れるんだけど
緑のsillyな?衣装。
リンゴを持ってワチャワチャしてて
謎な動きが、アニメっぽくておもしろかわいい。
カスチョイの魔法にかけられてるので
奇妙な雰囲気なのか。
火の鳥の振付よりも、この女王たちの振付の方が
おもしろおかしくて、印象に残った。

影で存在を表してた不死の魔王カスチョイが登場~
踊りにくそうな衣装だけど
ダンカン・ライルは、cartoonishでキャラが濃い魔王役を好演。
カスチョイ役は思っていたよりも、踊りが多かった。

魔力で操られた13人の女性は
踊りまくりで、ハードな振付!
イワンは弱くて、カエル跳びみたいな動きしてるし
石にされそうになったところで
羽根を取り出すと、火の鳥が助けにきてくれる。

魔法の木からカスチェイの魂が入った卵を取り出して割ると
カスチェイは滅び去り
王女達も魔法から覚めて、正気を取り戻す。
緑の衣装を脱いで、金髪白い衣装に。
木の中から囚われていた男性達も現れて
大団円。

やっぱりラトマンスキーはコールドの動かし方が上手い。
楽曲の良さもあって楽しめたけど
盛り上がりで音をはずす金管にチト不満。

FireBird1


休憩挟んで、AFTERITE

Ferri

ウェイン・マクレガー振付新作品。
ボリショイで「春の祭典」を振付ける予定だったマクレガーは
フィーリン襲撃事件で実現しなかった ってことがあったけど。

Alessandra Ferri、Misty Copeland、Hee Seo
Cassandra Trenary、Stephanie Williams
Herman Cornejo、James Whiteside、Cory Stearns
Blaine Hoven、Calvin Royal III、Jeffrey Cirio
Aran Bell、Duncan Lyle


35分の1幕バレエ。
「春の祭典」は、マーサ・グレアム版と
ピナ・バウシュ版の印象が強すぎて
マクレガー版は、うーん・・・ と言うカンジ。

脆弱な土地で、生存が厳しくなったコミュニティという設定?
フェリ(登場した時、1人だけ空気感が違った)が
ゲスト出演するので、生贄役?と思ってたら
子供が犠牲になる という衝撃的な結末!
13人の大人と2人の子供(踊らない)で構成。

Afterite1

母親役フェリは、頭にフードを被らされて登場。
生きるために、1人の子供を選ばなければならなくて
映画「ソフィーの選択」のよう。。。

Afterite2

漂ってる系であまり激しく踊らないかな
と予想してたフェリは、意外と踊りのパートが多かった。
男同士のPddがあったり、ソロやいろんな動きあり
マクレガーの振付を踊ったことがあるフェリやシリオは良かったけど
体操っぽい動きの人がいたり
ほとんどのダンサーは踊りこなせていないように見えた。

後半うつ伏せになって対角線上に進む動きは面白かったけど
グループ内の紛争や拒絶を表現?
マクレガーの動きは独得なので
公演回数を重ねた週末に観に行った方が良かったかも。

象徴的な音楽の終盤で、フェリ&コルネオのPdd
55歳とは思えないフェリの可動域の広さ
表情豊かな脚、緩急のつけ方はさすが。
オケの演奏が、あっさりしすぎで
盛り上がりに欠けたのが残念。
ラストに、少女がいるガラス張りの部屋に白いガスが。。。

この演出で、マクレガーは
人間の残虐行為 を表現したかったのかなぁ。
いつの時代でも犠牲者は子供(例えばシリア)
というメッセージ?

Afterite1

Afterite2
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。