FC2ブログ

Anatomy of a Male Ballet Dancer

昨年Dance on Camera Festivalを見逃したので
Film Forumで、Anatomy of a Male Ballet Dancerを鑑賞。
Kickstarterで資金集めしてたけど、上映されて良かった☆
ポルーニンに続く、男性ダンサーのドキュメンタリー。

Marcelo Gomes1

上映後、マルセロ・ゴメスのQ&Aが予定されていたけど
年末ABTを衝撃退団したせいか
キャンセルに。。。

Marcelo Gomes3

生い立ちから、ABT20周年の2017年まで
ダンサー、マルセロ・ゴメスのドキュメンタリー。
インタビューや映像が盛り沢山。

Marcelo Gomes2

ブラジル出身、サッカーではなく
男性ではマイノリティなバレエを習い
まだ英語が話せない13歳で
フロリダのHARID Conservatoryに留学。
それまで身の回りのことは、ナニーがやってくれてたそうで
裕福な御実家?

友人の女の子が応募したビデオの
相手役で踊ってたマルセロを見た
HARIDから連絡があったそう。

16歳でローザンヌに入賞した奨学金で
パリ・オペラ座バレエ学校に留学
(同級生にステファン・ビュリヨン)
1997年17歳でABTに入団、5年後プリンシパルに。

以前、Dance Magazineの記事で
フランスに発つ前、ブラジルに帰省したら
ABTリオ公演があり、エキストラに登録して
カンパニーレッスンに参加したら、翌日契約オファーがあった と。
その時は思い留まり、パリで基礎トレーニングを受けてから
ABTに。

ブラジルのバレエ教室、フロリダの学校時代など
子供の頃の貴重映像あり。
ちっさい時から上手かった

ノーブルな王子役も踊れば、悪役も演じる
幅広い表現力とパートナーリングの上手さから
ABT以外でも、世界中でゲスト出演。
マッケンジー芸監やラトマンスキー
相手役を踊ったミスティ・コープランド
ドロテ・ジルベール、ディアナ・ヴィシニョーワなどのインタビューあり。

許可がおりなかったのか、ABT公演の映像はなし。
ヴェロニカ・パルトとSwan Lake@ロシア
ポリーナ・セミオノワとジゼル@ロシア
ドロテ・ジルベールとドンキ@ブラジル
ディアナ・ヴィシニョーワとバヤデール@東京などの映像。
バヤデールでは、怪我で足の痛みに苦しんでる姿が痛々しい。。。

振付にも取り組んでいて
2012年Kings of the Danceの映像。
出演したDavidのインタビューもあった♪

パーソナルなことにも触れていて
23歳でThe Advocateのインタビューでカミングアウト。
家族は変わらずサポートをしてくれて
ゲイでHIVで亡くなった伯父さんも支えになってた と。
兄弟と一緒に、伯父さんのパートナーだった人に会いに行くシーンがありました。

かわいい愛犬ルナちゃんや
家族との映像もあったけど
父親との関係には、深く傷ついていて
他の家族は、NYに来てるのに
父親は一度もマルセロのNY公演を観に来たことがない
過去に観に行くと約束したのに、直前になってキャンセルされて と
語りながら、マルセロ泣いていた。。。

ポスターになっているラストシーンは
セントラルパークで、スワンのポーズ。

映画完成時は、ABT在籍中だったので
まだ踊りそうな終わりなのに
あまりに突然だったので、心の準備もなく
もう観られない と思うと切なくなり
この映画が、さよなら公演 の気分でした。。。

NY Timesのレビュー
関連記事

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する