FC2ブログ

The White Crow

映画The White Crowを鑑賞。ルドルフ・ヌレエフの亡命劇。
レイフ・ファインズが監督&ヌレエフの教師アレクサンドル・プーシキン役で出演。

White Crow1

幼少期とレニングラード時代は、ロシア語(英語字幕)
パリでは、フランス人らとの会話が英語で
3つの時間軸が交錯。
ヌレエフを知らない人には、少しわかりにくいかなぁ。

1938年シベリア鉄道列車の中で生まれたルディ
(鉄道模型は、その象徴?)
バシキール自治共和国(現パシトルコスタン共和国)の首都ウファで、貧しい少年時代を過ごす。
母親が当てたチケットでオペラ座に行ったことから
バレエに目覚めて
民族舞踏を習い始める。
元ディアギレフのウデルソヴァにバレエを習う。

レニングラードにある名門ワガノワに17歳で入学
と他の生徒よりも遅いスタート。
指導教師が気に入らず、直訴して名教師プーシキンに師事。
軍人だった父親との結びつきは薄かったみたいなので
プーシキンが、父親のような存在だったのかな?
エルミタージュ美術館のレンブラント「放蕩息子の帰還」は、ヌレエフ自身を暗示?

Polunin2

White Crow2

バレエ学校卒業後、バシキールバレエ派遣命令に反して
1958年キーロフバレエ(現マリインスキー)に入団。
文学や美術などに興味を持つ好奇心旺盛なルディ
東ドイツ出身のテヤ(ルイス・ホフマン)と親しくなり、英語を学ぶ。
英語が話せたおかげで、パリでフランス人と仲良くなれて、ソ連から脱出!

1961年キーロフバレエ(現マリインスキーバレエ)パリ公演で
生まれて初めて祖国ソ連を出る。
KGB監視下のダンサー達は
フランス人との接触や外出も制限されるが
かまわずに、ピエール・ラコット(ラファエル・ペルソナ)に話しかけるルディ。

婚約者(文部大臣アンドレ・マルローの息子)が
交通事故で亡くなり喪に服した
(マルロー著「人間の条件」をルディが読んでいたことに驚く)
クララ・セイント(アデル・エグザルホプロス)との交遊を楽しむルディ。

バレエにはストイックで
オペラ座の観客を熱狂させるルディは
西側の芸術を貪欲に見て回る。
ルーブル美術館で、ジェリコの「メデューズ号の筏」を見入るシーンが印象的。

タタール系で田舎出身のコンプレックスが反骨精神となり
自由を渇望、気難しくて傲慢だけど
いつも誰かに助けられる。

タタール国立オペラ劇場バレエのプリンシパル
オレグ・イヴェンコが、映画初出演でヌレエフ役を好演。
凄みや眼力もあって、ギラギラ感が出てます。

White Crow3

Polunin1

ヌレエフと同室だったユーリ・ソロヴィヨフ役ポルーニンのサービスショット?(寝顔と半ケツ)あり。
金髪でもカッコいい♪
やっぱりセリフはなかったけど、華があってダンスシーンは上手い!
オレグ・イヴェンコとは、ロシアのTV番組ビッグバレエに一緒に出た仲。

White Crow4

ポルーニンがリハーサルで踊っていたのは、石の花

実話なので、結末はわかっているけど
ル・ブルジェ空港での亡命シーンは、緊迫感あり。
もしラコットが社交界セレブのクララに助けを求めなかったらどうなっていたのだろう。

エンドロールは、本物のヌレエフが海賊アリを踊る映像。
関連記事

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する