FC2ブログ

Four Continents Championships

四大陸選手権の結果です。

女子シングル優勝は、キム・ヨナ
SPでは神演技を見せて、歴代最高得点をマーク.。
デヴィッド・ウィルソンの傑作 と言ってもいいプロですね。
FPでは久しぶりに苦手の3Loにチャレンジするも、回転不足で転倒。
3Lz+2T+2Loの3連続は、3Lzと2Loが回転不足の判定。

2位は、地元の声援にこたえたロシェット兄貴
シークエンスジャンプの間にステップが入り、シークエンスとみなされず3Sが0点に。
2A+2Aのシークエンスもなかなか決まりませんね。
SPとFPの両方揃えるようになってきたので、ワールドでもメダル候補の一人です。

3位は浅田真央選手。最初の3Aの予定がパンクして1Aに。
2回目にトライした3Aは見事に成功。
調子が悪かったようで、3Sと3Lzは跳ばない構成で
3T→2Tになった以外は、上手くまとめてSPから巻き返しました。
ステップで+3つけてるジャッジもいました。

すぐリンは、6位。
久しぶりに3Sが成功して前半は良かったんだけど
3Lzでステップアウト、2回目の3Fが回転不足でお手つきでコンボにできず。
すべてのスピンとスパイラルはレベル4。
これでISUランキングが上がったと思うけど
ワールドでは、ラスト2グループで滑られるのかなあ。

2002年以来の四大陸出場の鈴木あっこちゃんは、8位。
2A+3Tの予定がミスして、1A+2Aのシークエンスに。
3Lo+2Aのシークエンスも、3Loがパンクして1Loになったのが痛かったです。


男子シングル優勝は、地元Pチャン
4Tを成功させたのかと思ったほどの高得点で、加点が沢山ついています。
SP・FP共にストレートラインステップでレベル4+GOE2点!

2位は、ライサ
FPでは3Aでまた回転不足の判定です。
ワールドでも、これが勝敗の分かれ目となりそう。

3位は、こづ君
4Tは転倒したけど、回りきってたので4回転と認定されました。
枠取りがかかっているワールドでは挑戦するんでしょうか??

織田選手は、僅差で4位。
SPで3F+3Tの予定が3F+2Tになり、出遅れたのが響いたよう。
南里選手は、12位でした。


ペア優勝は、パン・トン組
2位は地元カナダのデュベ・デイヴィソン組
3位は、ジャン・ジャン組でした。


アイスダンス優勝は、アメリカのデイヴィス&ホワイト組
2位は僅差で地元カナダのヴァーチュ&モイア組
3位はアメリカのサミュエルソン&ベイツ組でした。


☆関連記事は、こちらこちら
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

コメント

No title

こんにちは

村主さんはワールドスタンディングが16位ですが、中野さん、ミライ、キャロライン、キミー、ポイポイ(かキーラ)がワールドには出ないので後ろのグループで滑ることができるみたいです。
彼女は当然、そのグループで滑るべき選手ですよね。

6番さま

すぐりん、久しぶりのワールド出場ですが最終グループから2つ目で滑れそうですね。いつものようにSPで点数を稼いで、少しでも良い滑走順でLPが滑れるとよいですね。枠取りも頑張ってほしいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する