FC2ブログ

The Bournonville Legacy

デンマークロイヤルバレエを鑑賞しにJoyce Theaterへ。

Bournonville1

RDBは8年ぶりでしたが、前回と同じラ・シルフィード
有名な作品だからだろうけど
違う演目が見たかったなぁ。。。

La Sylphide (Act II)
La Sylph: Ida Praetorius
James: Ulrik Birkkjaer
The Witch: Sorella Englund
First Sylph: Astrid Elbo
Two Sylhs: Camilla Ruelykke, Marina Minoiu


Bournonville2

2幕短縮版で、6人のダンサーで構成。
1幕なしで唐突に始まるので
ストーリーに入っていけないけど、音楽&踊りは好き。
Ulrik Birkkjaerは、元RDBプリンシパル
現在はサンフランシスコバレエのプリンシパル。
ジェームス役は前回のダンサーの方が良かったかな(セカンドキャストだった)
マッジ役Sorella Englundは迫力ある演技。
ファーストシルフ役Astrid Elboはラブリーで好み。
シルフ役Ida Praetoriusも、airyな踊りで良かったです。


休憩挟んで
A Bournonville Square
Pas de Trois from The Kings Volunteers on Amager
Choreography: August Bournonville
Music: C.V. Halm
Dancers: Liam Redhead, Camilla Ruelykke, Emma Riis-Kofoed

Jockey Dance from From Siberia to Moscow
Choreography: August Bournonville
Music: C.C. Moller
Dancers: Marcin Kupinski, Alexander Bozinoff

Bournonville4

The Streetsinger from Napoli
Choreography: August Bournonville
Music: Edvard Helsted and Holger Simon Paulli
Dancer: Tobias Praetorius

Pas de Deux from Kermesse in Bruges
Choreography: August Bournonville
Music: Holger Simon Paulli
Eleonore: Stephanie Chen Gundorph
Carelis: John Alex Fransson
Eleonore's Mother: Sorella Englund

Pas de Six and Tarantella from Napoli
Choreography: August Bournonville
Music: Edvard Helsted and Holger Simon Paulli
Teresina: Stephanie Chen Gundorph
Gennaro: John Alex Fransson
Pas de six men: Liam Redhead, Alexander Bozinoff
First Female variation: Emma Riis-Kofoed
Jumping variation: Camilla Ruelykke
Adagio variation: Astrid Elbo
4th lady: Marina Minoiu
1st male variation: Tobias Praetorius
2nd male variation: Marcin Kupinski
1st tarantella: Ida Praetorius, Ulrik Birkkjaer

衣装替えせずに、5つの踊りが続きました。
ジョッキーダンスが面白かった♪
ラストは、速いフットワーのナポリで
キャスト全員が参加、盛り上がりました

Bournonville3

デンマーク と言えばブルノンヴィル振付なんだろうけど
リアム振付「スペードの女王」も見てみたい~
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する