FC2ブログ

清明神社②

清明神社続き

安倍晴明公(920-1005)は
孝元帝の皇子・大彦命(おおびこのみこと)の御後胤で
天文陰陽博士としてご活躍。
天体を移り行く星や雲の動きを観察し
宮殿の異変や遠方での吉凶を言い当て
朝廷を始め、多くの人々の信望を寄せられたと伝えられています。
朱雀帝から村上、冷泉、円融、花山、一条の
6代の天皇の側近として仕えられ、数々の功績をたてられます。
村上帝に仕えておられた際には、唐へ渡り
城刑山にて伯道仙人の神伝を受け継がれ
帰国後、これを元に日本独特の陰陽道を確立。

Seimei15

Seimei16

Seimei17

Seimei18

Seimei19

Seimei20

顕彰板
数多くある晴明公の伝説の中から、代表的な10の逸話を紹介。

Seimei21

安倍清明公像
肖像画を元に作成された像。

Seimei22

厄除桃
陰陽道では、桃は魔除け・厄除けの果実といわれます。
自身の厄をこの桃に撫で付けて落とします。

Seimei23

Seimei24

御神木 
樹齢300年と伝えられる楠。

SeimeiGosyuin

墨書はなくて、スタンプでした。
関連記事

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する