FC2ブログ

World Junior Figure Skating Championships

ブルガリアで開催された世界ジュニアフィギュアスケート選手権の結果です。

ランキングのポイント稼ぎのせいか、シニアからの出戻り組が多く
今年は出場メンバーが豪華でした。

男子シングルは、コーチをモロゾフからオーサーに変えたリッポンが2連覇。
3Aも2回きめて高得点。
2位は、昨年5位だったチェコのブレジナ
今季JGP2戦で優勝後、右膝の怪我でJGPファイナルと国内選手権を欠場。
初出場のヨロ戦では10位 と今季大躍進です。
3位は、ロシアのグリゴリエフでした。

世界ジュニア初出場の羽生選手は、12位でした。
10位以内だと2枠でしたが、シニアで活躍している選手もいる中
ノービスからジュニアに上がりたてで、健闘。
3Aが回転不足で転倒。2A+3Tの3Tが回転不足で転倒したのが残念。
得意のスピンは、綺麗なポジション。まだ14歳なのでこれからが楽しみです。


女子シングル優勝は、ヨロ選4位だったレオノワ
昨年6位から大躍進!世界選手権にも、かけもちで出場します。
2位は、ジャンがSP10位からゴボウ抜き。昨年に続いての銀メダル。
3F+3Tをクリーンにきめました。
3位は、ワグナーが2度目の銅メダル。

鈴木真梨選手はSP落ちで、一つの順位の差でFPに進めず残念。
(開催国特権により44位だったブルガリア選手がFPに出場したため)
今井遥選手は、16位でした。

今季JGPシリーズ3大会で優勝者を出して
JGPファイナルは2位&4位 と快調だった日本女子ジュニアだったのに
来年の世界ジュニアが、一枠となってしまいました。。。。
有望な選手が沢山いるのに、16枠あったJGPが来季6枠に減るのも痛い。
今季の全日本ジュニア上位4人
今井遥選手鈴木真梨選手村上佳菜子選手中村愛音選手が出場するとして
その中から、成績の良い2人が2回出場するんでしょうか?
となると西野友毬選手藤澤亮子選手はどうなるんでしょう。。。


ペア優勝は、昨年2位だったLubov ILIUSHECHKINA / Nodari MAISURADZE
JGPFに続いての優勝です。
2位も、ロシアのAnastasia MARTIUSHEVA / Alexei ROGONOV
3位は、アメリカのMarissa CASTELLI / Simon SHNAPIR

高橋・トラン組は、7位でした。


アイスダンスは、Madison CHOCK / Greg ZUERLEINJGPFに続いての優勝。
2位は、初出場のシブタニ兄妹
3位は、ロシアのEkaterina RIAZANOVA / Jonathan GUERREIROでした。

☆関連記事は、こちら
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する