FC2ブログ

The Queen of Spades

チャイコフスキーの「スペードの女王」を鑑賞

The Queen of Spades1

Lisa: Lise Davidsen
Pauline/Daphnis: Elena Maximova
The Countess: Larissa Diadkova
Hermann: Yusif Eyvazov
Count Tomsky/Plutis: Alexey Markov
Prince Yeletsky: Igor Golovatenko


11年振りに観た演目。
1995年からのイライジャ・モシンスキー演出が好きで
原作の雰囲気を感じさせる舞台美術が美しい☆

The Queen of Spades2

オネーギン」と並んでチャイコフスキーの名作 と言うことですが
個人的には1幕が長すぎる気が。
ドストエフスキーの原作を読んでいるので
最初のストーリー説明シーンで眠くなってしまい
早く恋に落ちて! と思ってしまう。。。
2幕には、劇中劇「ダフニスとクロエ」でバレエシーンあり。

The Queen of Spades4

指揮はVasily Petrenko
リーザ役は、METデビューのノルウェー出身Lise Davidsen
期待の若手でしょうか。
ゲルマン役は、ネトレプコの旦那ユシフ・ エイヴァゾフはまずまずでした。
バレエ(眠りっぽい)を思い出させるチャイコの旋律が美しい

The Queen of Spades3

METでは、ロシア物はあまり上演されない印象なので
久しぶりに観られて良かった

The Queen of Spades2

今季から始まった日曜マチネ、初体験だったのですが
終演後、主役二人が衣装のまますぐ出てきて
パネルディスカッション。
いつも日曜にやってるのかしら。
関連記事

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する