FC2ブログ

World Figure Skating Championships 2009

世界フィギュアスケート選手権の結果です。
翌年オリンピックの出場枠も決まりました。

■男子シングルは、ライサが地元アメリカの期待にこたえて初優勝&PB更新。
今季好みでない衣装を着て、頑張った甲斐がありました。
ローリーに振付を手直ししてもらって、4Tは回避。
2位は、Pチャン。3Aのコンボが決まらず。
3位は、ジュベール。最後の2Aでまさかの転倒。
演技後、頭を抱える姿が痛々しかった。。。

小塚選手は6位、織田選手が7位で、ギリギリ3枠を確保。
小塚選手は調子が悪い中、何とかまとめて目標だった最終グループ入り。
織田選手は、4T+3Tを初めて成功させたものの
コンボジャンプ飛び過ぎの規約違反で、3F+2T+2Loが0点に。
誰かルールを教えてあげて下さい。

今季シニアデビューの無良選手は、初出場で15位。

ベルネルが復活の兆しを見せたり(五輪でブレジナが見られる!)
コンテスティも存在をアピールしてたけど
ハイライトは、カザフスタンのテン君でした。15歳とは思えない!

3枠は日本とアメリカ。
2枠はカナダ、フランス、カザフスタン、イタリア、ロシア、チェコ。
1枠はベルギー、スウェーデン、スペイン、スロベニア、ウクライナ、ポーランド。


■女子シングルは、キム・ヨナが歴代最高得点で悲願の初優勝。
3Sのパンク以外は、パーフェクトな演技。
今季3Fに!がついたので、来季は3Lz+3Tを跳ぶ予定だとか?
2位は、SP&FPを揃えたロシェット
3位は安藤選手が表彰台に返り咲き、3枠確保。
今シーズン最高の演技で、FPをジゼルからオルガンに変えて正解でした。
2A+3Tが習得できたのも大きい。

浅田真央選手は4位で、シニアデビュー以来初の表彰台落ち。
普通なら充分いい順位なのに、周囲が許してくれなくて気の毒。
追う立場になって、少し気分的に楽になったのでは。
タラソワは五輪前年ハードなプログラムにして、しごくことで有名ですが
今季は3Lz矯正、3S復活、45秒のステップ、表現力強化など挑戦の年でした。
男子を見ても、3A2回成功は大変だとわかるので
個人的には3Aは1回にして、3F+3Tを復活させてほしいけど。

村主選手は、8位でした。

コストナーはどうしちゃったのでしょう?イタリア1枠になっちゃって、マルケイはどうなる?
ジュニアワールド優勝のレオノワの喜び方がかわいかった。
欧州選SP落ちしたゲデ子が復活!トリノ五輪以来の良い出来?

3枠は日本だけ。
2枠はアメリカ、カナダ、韓国、フィンランド、ロシア、スイス、グルジア。
1枠はイタリア、スロバキア、エストニア、ドイツ、ポーランド、イギリス
トルコ、フランス、オーストリア。


■ペア優勝は、サブチェンコ・ショルコビー組。 
2位は、ジャン・ジャン組
3位は、カワグチ・スミルノフ組が初メダル。
ロシア国籍を取った川口選手、ロシア語表記はKAVAGUTIなんですね。

3枠はロシア、中国。
2枠はドイツ、ウクライナ、カナダ、アメリカ。
1枠はフランス、イギリス。


■アイスダンス優勝は、ドミニナ・シャバリン組
2位は、ベルビン・アゴスト組
3位は、ヴァーチュ&モイア組でした。

リード姉弟組は、16位で1枠取れました。

3枠はアメリカ、ロシア。
2枠はカナダ、フランス、イタリア、イギリス。
1枠はリトアニア、イスラエル、ウクライナ、日本、ドイツ。


☆関連記事は、こちらこちら
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する