FC2ブログ

Paul Cézanne

Art History4週目は、キュビスムに大きな影響を与えたポール・セザンヌです。

Cezanne
The Gulf of Marseilles Seen from L'Estaque 1885 メトロポリタン美術館

リンゴと山の絵画を沢山描いた人 というイメージですが
人付き合いが苦手だったセザンヌの性格が表われているような。
長方形の筆使いや白い余白、幾何学的な配置に特徴があります。

裕福な家庭に生まれて、父親の希望で法科大学に進むも
画家を志してパリへ。
経済的に恵まれていたものの、なかなか世間には認められませんでした。
アンブロワーズ・ヴォラールの画廊で初個展を開いて注目されたのは、56歳の時。

3年半前MoMAで開催されたセザンヌ・ピサロ展についても、話題に上がりました。

ただ今Philadelphia Museum of Artにて、Cézanne and Beyondが開催中。(5/31まで)
関連記事

テーマ : 絵画・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する