FC2ブログ

Skate Canada

GPシリーズ第6戦スケートカナダの結果です。

男子シングル優勝は、アボット。SPは名プログラムですね。
NHK杯ではFPで自爆して演技終了後に変顔してたけど
今回は、FPで4Tを成功!
音楽と調和した美しい滑りで、繋ぎの演技も休みがないのに
伸びやかなスケーティング。コーチを佐藤有香さんに変えて良かった?

2位は高橋大輔選手!復帰後、初めて転倒なしのSPで良かった。
ステップがレベル2だっだけど、リンクが狭く氷が滑り過ぎたみたいで
エッジがクリアでなかったから、必要な要素がカウントされなかったのかな?
衣装はDOIのに戻してます。
FPでは4T跳ばず。回避したのではなくタイミングが合わなかったカンジ?
3Loや3Sの着氷ミスがあったものの、プログラムを上手く表現してました。
まだスタミナ不足なのか、後半バテ気味だったけど
ファイナル進出が決まって、嬉しそうでした。

3位は、プレ男
個性的な演技が北米にはウケたよう?ジャンプの回転軸も細くなったような。
4Tは回避したけど、ほぼミスのない良い演技でした。
フランス代表争い、頑張って下さい。

男子ファイナル出場選手は、殿、ライサ、アボット、大ちゃん、ジョニー
ベルネル(ジュべが右足故障で欠場)となりました。


女子シングル優勝は、地元ロシェット。SPは3+3なしで70点超えの良い演技。
まあスルツカヤやコーエンも3+2で70点台出してたけど。。。
FPでは3Loお手つき、2つ目の3Lzが2Lzに、3Sが2Sに。
SPのリードで逃げ切りましたが、スダンティングオベーションするほどの演技だったかは?

2位は、シズニー。SPでは神演技を見せて
ジャンプが決まったら、シズニーはコワイ!と思わせるほどだったのに
FPでは自爆。。。
全米選手権では、2枠をかけての争いになります。

3位は、レピスト。SP・FP共に3T+3Tが決まらず。
FPで成功した3回転ジャンプって、3Lz1つと3Lo2つだけなのに
欧州チャンピオンなのでPCSが高いです。

鈴木明子選手は、5位。SPで出遅れて
FPの2A+3Tは、アクセルがパンク&3Tは回転不足。
波に乗れなかったのか、3Lo、3F、3Lzでもミス連発。
でも、幸運の女神がついていたのでギリギリでファイナル出場に。

女子ファイナル出場選手は、ヨナ、ミキティ、兄貴、レオノワ、ワグナー、あっこちゃん です。


ペアは、サブチェンコ・ショルコビー組が圧勝。
フランス大会では自爆でどうなるのか と思ったら、プログラムを変更してほぼ完璧な演技。
10点つけてるジャッジがいました。
2位は、ロシアのムホルトワ・トランコフ組。衣装のアクシデントで中断がありました。
3位は、地元カナダのデューベ・デイヴィトソン組でした。

ファイナル出場ペアは、シェン・ツァオ、パン・トン、ムホルトワ・トランコフ、サブチェンコ・ショルコビー
川口・スミフノフ、ジャン・ジャン組 となりました。


アイスダンス優勝は、地元のヴァーチュ・モイア組
2位は、フランスのペシャラ・ブルザ組
3位は、カナダのウィーバー・ポジェ組でした。

ファイナル進出組は、メリチャリ、テサモエ、カペラノ、ペシャブル、カーズ
クロポワ(ベルアゴ&ホフノビも欠場で)になりました。

☆関連記事は、こちら

JGPF&GPFは、12/3-6@東京です。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する