FC2ブログ

Grand Prix of Figure Skating Final

12/3-6まで東京で開催されたJGPF&GPFの結果です。

ジュニア男子シングル優勝は、羽生結弦選手!どんどん背が伸びてます。
SPでは珍しく得意のスピンでミス。カッコいい髪型なのに、FPではキノコに戻ってた。
3Aの調子が良くなかったのか(軸がぶれてた)、FP2つ目の3Aを転倒するも
その後の3Sに+3Tをつけてリカバリー。まだ中学生とは思えない落ち着きぶり。
スピード感と柔軟性、細かく音を拾った表現力が素晴らしい。
2位は、中国のNan SONG。2Loになるミスが痛かった。
3位は、アメリカのRoss MINER。3Lzがコンボにできなかったのと2Sに。
中村健人選手は、ジャンプの調子が悪いのか8位。踊りと顔が綺麗なのにもったいない。
全日本では良い演技ができますように。

ジュニア女子シングルは、SPから3+3対決!優勝は村上佳菜子選手!大人っぽくなった?
SPでは愛知選手権で認定されなかった3T+3Tを成功!スピードがあり、リズム感も抜群。
FPではスピンでバランスを崩したりステップで転倒するも、ジャンプは決めて僅差で逆転。
この大舞台で、笑顔で出て行けるところに大物を感じる。
2位はロシアのシェレペン。SPでは3Lz+3Tを成功。末恐ろしい~
FPではジャンプのランディングが乱れて、2A-3Tと3S-3Tの予定が単独ジャンプに。
後半2A-3Tに挑んでリカバリー。
スケーティングや繋ぎの演技で村上選手と差が出たかな。
3位はアメリカのガオ。ヨナ2世?コーチがオーサーだから似てくるのかな。安定感のある演技。
3Lzと3Fを2回ずつ跳ぶ構成で、FPの技術点はトップ。

ジュニアペア優勝は、中国のWenjing Sui & Cong Han。スロー3Fとスロー3Sが凄い!
2位は、高橋・トラン組!ナルちゃんガッツポーズ☆上手くなりましたね。
3位は、中国のYue ZHANG & Lei WANGでした。

ジュニアアイスダンス優勝は、ロシアのKsenia MONKO & Kirill KHALIAVIN
2位は、ロシアのElena Ilinykh & Nikita Katsalapov
3位は、アメリカのシブタニ兄妹でした。


シニア女子優勝は、ヨナ。SPでは3Lz-3Tが回転不足と3Fでパンクして、珍しく2位スタート。
FPでは、冒頭3Lzで前傾で降りてしまい3Tがつけられず3Lz+2Tに。
2A+3Tも両足着氷で回転不足。スピードがなく、スケアメに続いて本来の力を出し切れず。
でもミスを最低限に抑えて、不調だった3Fを成功させ優勝するのはさすが。

2位は安藤美姫選手!五輪代表内定です☆
SPでは、3Lzが高く上がりすぎてしまい3Lz+2Loに。
髪飾りをつけたFPでも3+3は回避して3Lz+2Lo、安全策なのか2A+2Tに。
珍しく3Sでお手つき。安藤選手が3Sミスするの初めて見たかも?成功してたら優勝だったのになー
今季スピンが進化したのとステップも良かった。PCSはヨナとほとんど差がなく高評価。

3位は、鈴木明子選手!SPでは3Lo回転不足で出遅れるも、FPでは神演技!
衣装を中部選手権の時のに戻しました。2A+3Tは回避して、3T+2Aのシークエンスで手堅く。
5種類の3回転ジャンプを入れてTESはトップ。
キレキレのステップには+3つけてるジャッジも。
が、国際試合での実績がないせいかPSCが伸びません。。。長久保コーチも不満顔。
昨季4CCで結果が出せていたら、また違ったかもしれないけどなー
全日本でも良い演技ができますように。


シニア男子シングルは、SPで神演技の連続!
優勝はライサ。SPの衣装は火の鳥と言うより黒鳥?世界チャンプの貫禄かPCS高っ!
キャロルコーチは、なんで1位じゃないんだ?と不満顔。
蛇衣装に変えたFPでは2つ目の3Aがパンクした以外は、安定感がありました。
全米男子シングル前哨戦のようで、3人の中では一番の仕上がり具合。

2位は、織田信成選手!五輪代表内定おめでとう☆
SPのジャンプは素晴らしいけど、大ちゃんやライサの濃い演技の後だと
あっさり薄味に見えてしまう。
FPでは、ちょっと緊張して硬かったような。安全策で4T回避。2つ目の3Aでパンク。
最後の2Aは多分3Aにしようとして力んだカンジ。音楽表現は良かったです。

3位は、ジョニー君。SPから悩殺演技でジョニーワールド全開。
昨季体調を崩して出場した全米で5位に落ち込みワールド出場逃すも、今季見事に復活。
FPも気合充分でノーミス。コンボジャンプが一つ足りないのは、スタミナ不足のせい?

高橋大輔選手は5位。新衣装のSPは素晴らしかったのに
FPでは4T回転不足で転倒、珍しく3Aでミスしてあせったのかスピン2つがノーカウントに。
FlyingChange-footCamelSpinの予定だった最初のスピンが
体勢を崩して足換え後Camel Spinにできず、Upright Spinになってしまい
FlyingChange-footCombinationSpinになり
2つ目もFCCoSpだったので、同じ要素の繰り返しとなり無効に。
規定のスピン3つなかったので、最後のスピンも無効になりノーカウント。 
(足換え1回までの単一姿勢スピン、Flyingで始まるスピン、コンビネーションスピンの3つが規定)
4T転倒で体力消耗したのか、最後バテてたけど
五輪前に4T挑戦や最終滑走の緊張感も経験でき、ミスのわりにジャッジの評価は悪くなかった。
ステップは+3ついてたし、スケーティングスキルもトップ。
個人的には、首振りっぷりと細かい手の動きが好きです。


シニアペアは、SP神演技の連続でした。
優勝はシェン・ツァオ組で、SPFP共に素晴らしい。PCSが9点台!
2位は、パン・トン組。SP4位からの逆転。FPは、3Tのミス以外は素晴らしかった。
3位は、僅差でサフチェンコ・ソルコヴィー組。SPは2位、FPはスケカナの方が良かったかな。


シニアアイスダンスは、デーヴィス&ホワイト組が優勝。全米ではベルアゴ組と対決です。
2位は、僅差でヴァーチュー&モイア組
3位は、ペシャラ・ブルザ組でした。

☆関連記事は、こちら
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する