FC2ブログ

Big Bambuとピカソ展

恒例メトロポリタン美術館のRoof Gardenへ。
MET ROOF1

今年の展示は、双子兄弟アーティストによる
Doug + Mike Starn on the Roof: Big Bambu(10/31まで)
Bambu1
長さ9-12mの竹とロープを組み合わせた作品で、ジャングルジムのよう?
会期中もアーティストとロッククライマーの制作作業が続き、まだ未完成だそう。
これは先月の写真なので、今は変わってるかも。

Bambu2
竹林のよう。

↓歩いているのは、Guided-Tour(整理券が必要)の人たち。
Bambu4
体重制限は、400pounds未満らしい。
Bambu3

結び目がゆるくなったりしないんだろうか。。。
Bambu5
最終的には高さ15mの波のような形状になるそうで、また見に来なければ~


続いて、Picasso in The Metropolitan Museum of Art(8/15まで)へ。
ピカソと言えば、先月クリスティーズのオークションで
マリー=テレーズ・ワルテルモデルの幻の名作Nude, Green Leaves and Bust
芸術作品史上最高額で落札されて話題になりました。

絵画、版画、彫刻など初公開作品も含めて約300点が展示されています。
不況で借入が厳しいので、Packard Collectionの時のように所蔵作品のみ。
巨大な美術館ゆえ作品数が多過ぎて、普段すべてを飾る場所がなく
倉庫に眠っている古い作品は、展示前に手入れをする必要があるので
このように一挙に公開される機会は少ないです。
1900-68年まで年代順に作風の変化がわかるようになっていて、見応えがありました。

1900年初めてパリに滞在し、ロートレックの影響を受ける。
1901年画商Ambroise Vollardがピカソ初個展をパリで開催。
Picasso
Seated Harlequin 1901

Blue Period(青の時代1901-1904)暗青色を基調とした作品。
親友Carlos Casagemasの自殺にショックを受け、ピカソ自身生活に困窮していた。
The Blind Man's Meal
The Blind Man's Meal盲人の食事 1903

Rose Period(バラ色の時代1904-1907)
恋人Fernande Olivierができて、明るい色調になりサーカスの芸人などを描く。
The Actor
今年1月に損傷事故があったThe Actor役者 1904-5

キュビズムへ移行前
Gertrude Stein
Gertrude Steinガートルード・スタインの肖像 1905-6

Protocubism(1907-1909)アフリカ彫刻の影響を受けた「アビニヨンの娘たち」
MoMA
MoMA所蔵のLes Demoiselles d'Avignon 1907

Cubism(キュビズム1909-1918) 画商Daniel-Henry Kahnweilerの支援を受ける。
NUDE IN AN ARMCHAIR
Nude in an Armchair 1909-10 
1912年分析的キュビズムから総合的キュビズムに発展。

Neoclassicism(新古典主義1918ー1925) 人物画を多く描く。
恋人マルセル・アンヴェール(エヴァ)が病死してショックを受けたピカソに
友人ジャン・コクトーが、バレエ・リュスの舞台美術を依頼したことがきっかけで
1918年バレリーナのオルガ・コクローヴァと結婚。1921年長男Pauloが誕生。
Olga
Olga Picasso 1920
1955年病死するまでピカソとの結婚が続きました。

Woman in White
Woman in White白い服の女 1923

Surrealism(シュルレアリスム1925-1935)
Nude Standing by the Sea
Nude Standing by the Sea 1929

愛人Marie-Th醇Pr醇Qse Walterをモデルにした
Girl Reading at a Table
Girl Reading at a Table テーブルで読書をする少女 1934
1935年Mayaが生まれた翌年ドラ・マールと付き合い始める。

1936年プラド美術館館長に任命される。
写真家Dora Maarをモデルにした「泣く女」はバリエーションが沢山あるそう。
Dora Maar in an Armchair
Dora Maar in an Armchair 1939 
ドラは1937年ゲルニカの制作過程を写真に記録しています。

映画Surviving Picassoに登場した画家Fran醇Moise Gilotとの間に
1947年Claudeと1949年Paloma(鳩好きのピカソがパロマと名付けたとか?)が誕生。
ピカソは1947年から南仏Vallaurisの工房で陶器製作をする。
フランソワーズ・ジローはピカソと別れた後、画家Luc Simonと結婚。
『LIFE with PICASSO』を出版してミリオンセラーに。
1970年米医学者Jonas Salkと再婚して米国に移住。

1961年ピカソはジャクリーヌ・ロックと2度目の結婚。
Head of a Woman
Jacqueline RoqueをモデルにしたHead of a Woman 1960

ジャクリーヌと結婚後、ドラクロワやマネなど巨匠作品のアレンジをしたり
エロティックな銅板画を制作。
Woman and Musketee
Woman and Musketeer 1967

晩年の作風は、のちの新表現主義に影響を与えます。
1973年91歳でこの世を去りました。
ピカソが亡くなった4年後マリー・テレーズが自殺。ジャクリーヌも1986年自殺。

☆MoMAでは、ピカソの版画展が開催中(8/30まで)
関連記事

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する