FC2ブログ

Wright Brothers National Memorial

アウターバンクスに来た人は必ず訪れるであろうWright Brothers National Memorialへ。
1903年12月17日Wilbur&Orville Wrightが人類初の動力飛行に成功した場所です。
☆入場券が1週間有効だったので、翌日またスクーターで来て乗り回しました。

ライト家3男ウィルバー兄(1867~1912)  4男オーヴィル弟(1871~1948) 
Wright Brothers1
自転車屋を営んでいたライト兄弟は、彼らがファンだったドイツの航空研究家Otto Lilienthal
グライダーで事故死したのをきっかけに飛行機の研究を始めます。

Wright Brothers6
兄弟が寝泊まりしていた小屋と格納庫を復元したもの。
1900年から1903年まで、グライダーを使った実験を重ねて研究。

オハイオ出身なのに、なんでノースカロライナで? と思ったら
強風が吹いている場所を気象局に問い合わせると、ココだったそう。
Wright Brothers2
Kill Devil Hillにそびえ立つ記念碑。夜にはライトアップされます☆
今は緑があるけど、彼らが飛行実験をしていた頃は砂浜だったよう。

Wright Brothers7

"IN COMMEMORATION OF THE CONQUEST OF THE AIR BY THE BROTHERS WILLBUR AND ORVILLE WRIGHT. CONCEIVED BY GENIUS, ACHIEVED BY DAUNTLESS RESOLUTION AND UNCONQUERABLE FAITH"と刻まれています。

Wright Brothers8

丘の上まで歩くと、大西洋が見えます。
Wright Brothers9

当初ここから飛ぶことを考えたようだけど、滑空制御が難しいため平地から飛ぶことに。
Wright Brothers10

実際に飛行した離陸地点と4回の着陸地点に、記念碑が立っています。
ここから航空機の歴史が始まりました!66年後に人類は月へ。
Wright Brothers4
↑スタート地点からレールを走って離陸。交代で操縦しました。

1回目オーヴィル操縦120フィート12秒、2回目175フィート12秒、3回目200フィート15秒
Wright Brothers5
4回目ウィルバーが852フィート59秒飛行。石碑が離れすぎて写っていませんが。。。
4回の飛行後に機体が損傷したので、その日の実験は終了したよう。

ビジターセンターには、復元したライト兄弟のグライダーと動力飛行機Wright Flyer号が展示。
Wright Brothers11
彼らの成功は偶然によるものではなく、風洞実験機まで作製して
翼のメカニズムや飛行の原理を解明したからだそう。
係員が、コントロールワイヤーを動かしながら説明してくれました。

2003年の100周年記念式典でレプリカを飛ばしたら、天候が悪くて?失敗したらしいけど。。。
ライト兄弟の操縦技術がすぐれていたのかも。

Stephen H. Smithによる記念像。運転席Orvilleの隣に入るのがお約束のよう。
Wright Brothers12
初飛行を再現したライト兄弟&それを目撃する地元住民像と飛行機のレプリカ。
歴史的瞬間を撮影したのはJohn T. Danielsさん。Orvilleが撮り方を教えたよう。

丘の上からも見えます↓
Wright Brothers13
目撃証人として歴史的イベントに集まったのは、地元の人5人だけ。
プレス関係者が立ち会わなかった事が、あとで問題に。。。

彼らの偉業はなかなか認められず、ライバルからの妬みや特許権争いがあったり
スミソニアン協会は、Samuel Pierpont Langleyが最初の動力飛行に成功 としたので
(実際には失敗だったのに)
ライトフライヤー号は、ロンドンの科学博物館で展示されていたそう。
現在は、スミソニアン航空博物館に展示。

PavilionではFilm上映やAviation歴史の展示、ギフトショップがあります。
関連記事

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する