FC2ブログ

Skate Canada

GPシリーズ第2戦スケートカナダの結果です。
バンクーバー五輪での4回転論争がウソのように
スケカナでも4回転入れてくる選手が増えて、男子は面白くなりました。
レイノルズがSPで4S+3Tと4Tを成功!

男子シングル優勝は、Pチャン
国際試合で初4T成功!3Aが不安定なのは変わらずですが
スケーティングがさらに上手くなったような。コンパルソリーで鍛えただけあります。
昨季より振付も流れもいいですね。衣装は今ひとつなんだけど。
3Lzからのシークエンスでミス。ノーミスだと何点になるのかな?

2位は、織田信成選手!バーケルコーチに戻ってよかった。
表情が固かったけど、SP1位FP最終滑走で緊張したのでしょうか?
柔らかい猫足ジャンプ着氷は綺麗だったけど、ちょっと元気がなかったような。
3Aでのミスとコンボジャンプが1つ足りなくて
3点差で優勝を逃したのが惜しい!
PCSが出ないのは、昨季世界選手権でSP落ちした影響?

3位は、リッポン
4回転跳ばないので、クリーンに滑って他選手のミス待ちをしなければならないのに
苦手の3Aでオーバーターン。音楽表現は良かったです。

南里康晴選手は、9位。今季で引退とのこと。良い演技でした。

女子シングルは、シズニーがSP4位から逆転優勝。復活しました~GP優勝は5年振り?
最後に3T転倒した以外、ジャンプを降りました!珍しく安定してました。
スパイラル、スピンは、あいかわらず美しくてうっとり。

2位は、マカロワ。シニアGPデビューでの表彰台。SP、FP共に3T+3T成功!
着氷の危ういジャンプがいくつかありましたが、踏ん張りました。
まだ若いけど、五輪&世界選手権を経験して貫禄が出てきた?

3位は、ラコステ。カナダ女子は、逞しそうな筋肉系が多い?
3F転倒、3Sがダブルに。カナダらしい綺麗なスケーティング。

GPデビューの今井遥選手は、惜しい4位。2A+3T成功!
背が伸びて大人っぽくなった?スピード感溢れる滑りでした。
村主章枝選手は、9位でした。

ペア優勝は、ロシアのリュボブ・イリュシェチナ&ノダリ・マイスラーゼ組
2位は、カナダのカーステン・ムーア=タワーズ&ディラン・マスクビッチ組
3位は、カナダのペイジ・ローレンス&ルディ・スウィガース

アイスダンス優勝は、カナダのローン&ポワリエ組がSP2位から逆転。
2位は、イギリスのケアー姉弟。リフトから落ちるミスで優勝を逃して残念~
3位は、アメリカのメディソン・チョーク&グレッグ・ズエレイン組でした。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する